特殊車両通行許可申請支援センター 北海道支部

一般的制限値

一般的制限値とは

道路は一定の構造基準により造られています。
そのため、道路法では道路の構造を守り、交通の危険を防ぐため、道路を通行する車両の大きさや重さの最高限度を次のとおり定めています。
この最高限度のことを「一般的制限値」といいます。 (道路法第47条1項、車両制限令第3条)

車両の諸元 一般的制限値(最高限度)
2.5メートル
長さ 12.0メートル
高さ 3.8メートル
総重量 20.0トン
軸重 10.0トン
隣接軸重 隣り合う車軸の軸距が1.8メートル未満18.0トン
(ただし、隣り合う車軸の軸距が1.3メートル以上、かつ
隣り合う車軸の軸重がいずれも9.5トン以下のときは19トン)
隣り合う車軸の軸距が1.8メートル以上20.0トン
輪荷重 5.0トン
最小回転半径 12.0メートル
PAGETOP